短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

ICT教育

一人1台のiPadが生徒の可能性を大きく広げる!

千葉明徳の生徒にとってiPadは最高の学習仲間。いつでもどこでも予習・復習ができるし、「調べ学習」もプレゼンテーションもお手のもの。仲間との情報共有や協働もスムーズで、学習の可能性がどんどん広がっています。

POINT 01予習・復習も反復学習も自分に合ったスピードで

充実したデジタル教材で、一人ひとりの学習の進み具合に合わせたアダプティブ・ラーニングを実現。丁寧な解説動画もあり、予習・復習も反復学習も自分のペースで進められるので安心です。

授業をアクティヴにする文房具

POINT 02アクティブな学びで創造力を培う

本校の教育の柱である「まとめて・書いて・発表する」にもICTを徹底活用。レベルの高いアクティブ・ラーニングを実施して、創造力を培います。その場ですぐに作業できるから効率も上がります。

友だちとも熱く繋がる授業

POINT 03情報モラルもしっかり身につける

ICTを積極的に活用しているからこそ、情報モラルの重要性を実感できます。さらに道徳の授業で「小学生にiPadを持たせることについてどう思うか?」と問いかけるなど、考える機会もつくります。

自分専用の勉強ができる

教科の特性を活かしたり、教科を横断したり。
ICTを使いこなして、深みと広がりのある授業を展開。

社会科で「みんなで世界遺産を見に行こう」という授業をしたり、数学科で「関数のグラフを使って絵を描こう」という授業をしたり、それぞれの教科で工夫してICTをフル活用。道徳の授業でも、「一秒の言葉」という詩を題材にしてグループごとにドラマ仕立てのCMを作るなど、ユニークな取り組みを実施して、生徒の発想を引き出し、創造力を磨きます。

 
高校生メッセージ
iPadで学習の幅が広がって、モチベーションも上がりました!

Fさん(中高一貫コース 4年)
教科書・プリント・電子辞書など様々な役割を担うiPadは、授業でも家庭学習でも大活躍。英語の授業は毎回、先生が事前にパワーポイントで作成したスライドを使い、授業後にはアップロードされたファイルを見て授業内容の振り返りができます。国語や社会の授業で資料のイメージを確認したり、仲間と情報を共有したり、課題研究論文発表会でアニメーションを作ってプレゼンするなど、学習の幅が広がって、モチベーションも上がりました。