短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

プレゼンテーション教育

自分の言葉で自分の想いを伝える。“プレゼンの力”があれば世界中の人と繋がれる!

プレゼンの力”で世界と手を結ぶ

世界中の人と繋がり、協力し合える関係を築くには、自分の頭で論理的に考え、自分の想いをまとめ、自分の言葉で伝える力が必要です。本校では教育の隅々までプレゼンテーションが浸透。学校で生活するだけで、“プレゼンの力”が磨かれていきます。

“伝える力”は日々繰り返されるプレゼンで育み養われる。

POINT 01最初は誰だって初心者 入り口のスピーチ・タイム

すべての基本は毎朝の「1分間スピーチ」。最初は原稿を読みますが、そのうち原稿なし・時計なしにも挑戦。一歩ずつ着実に進み、文化祭での「3分間スピーチ」へと続きます。

“伝える力”は日々繰り返されるプレゼンで育み養われる。

POINT 02普段の教科授業でもプレゼンテーション

国語のビブリオ(書評)バトルや理科の壁新聞、社会のディベート等々…。本校には、“授業内イベント”が盛りだくさん。そのすべてが“プレゼンの力”を磨く機会となっているのです。

普段の教科授業でもプレゼンテーション

POINT 03“発表しました”では終わらない質疑応答

本校のプレゼンは、単なる“発表”では終わりません。必ず質疑応答も盛り込まれ、「本当に伝わっている?」も体感します。どんな質問が来るのか準備するので、より深い洞察力も磨かれます。

プレゼンで楽しく盛り上がる“授業内イベント”

本校ではどの教科でも「まとめて・書いて・発表する」ことを重視し、多くの授業で“プレゼンの力”を磨いています。社会科では実社会をテーマにしたディベートをふんだんに導入。実際の判決例をもとに議論し、それぞれの意見を紙芝居にして発表します。また様々な教科で実施しているのが「壁新聞」。理科では1単元が終了するごとに全員が「壁新聞」を作成。音楽・美術では作家の人生や作品の時代背景まで調べて発表しています。

理科新聞”


 

目に見えない力を可視化する“ルーブリック評価”

ルーブリック評価を示すことで、何が出来ているとその評価なのかを明確にしています。この評価を用いることで、目的意識を持ち、自ら学ぶ生徒を育てています。

※ ルーブリック評価表(参考例)

ルーブリック評価表
 
中学生メッセージ
プレゼンの経験を重ねることで、目標に向けて行動できるようになりました。

Nさん(中高一貫コース 3年)
小学校のころは人前で話すのが苦手でしたが、千葉明徳でプレゼンの経験を重ねるうちに自信がつき、今では生徒会長として大勢の前でも落ち着いて話せるようになりました。また、社会の授業で歴史に興味を持ち、自分で図書館に行ったり、お城巡りをして学芸員の方に話を聞くなど、積極的に知識を深めています。ふだんから「まとめて・書いて・発表する」機会がたくさんあるからこそ、好きなことを見つけて、それを追究するために行動できるようになったのだと思います。将来、歴史学者になるという夢に向けて、さらに力を磨いていきたいです。