学園ニュース

学園ニュース 2017年4月号(207号)

【法人】

■◆■法人事務局 広報室■◆■

千葉明徳学園平成29年度辞令交付式が4月1日(土)10時より本館会議室にて行われました。

 短期大学からこども園までの新採用者、昇任者が一堂に会して行われ、福中理事長から対象者一人ひとりに辞令が交付されました。



【短大】

■◆■千葉明徳短期大学 教授 佐藤 隆司■◆■

 新入生の皆さん、入学おめでとうございます!
 桜咲く4月3日、「平成29年度 千葉明徳短期大学保育創造学科入学式」が行われました。今年の新1年生は98人。幼稚園教諭、保育士などを目指そうという決断に敬意を表します。
 緊張が漲る中、金子学長の「学び」の必要性を説く式辞と、福中理事長の「明徳」の精神の重要性を説く祝辞は、新1年生にとっては、今後の学生生活の礎となる貴重な内容でした。
 続く歓迎の言葉では、2年生代表の三橋有美さんが自分自身の1年間の学生生活を振り返り、課題を克服するチャレンジ精神の重要性を伝え、新1年生へエ-ルを送りました。また、歓迎の言葉に対して、新入生代表の秋葉麗奈さんは、「保育者は、とてもキラキラして見える立派な職業だと思います。それぞれが思い描くような保育者になれるよう、思う存分勉学に励み、実習でたくさん学び、夢に向かっていきたいと思います!」と力強く抱負を語りました。
 新1年生の皆さんには,この日の言葉を厳粛に受け止め"初志貫徹"、有意義な学生生活となることを願っています。また、閉式後には、新1年生による決意表明が行われました。
・説得力のある大人になる!
・創造力豊かな保育者になる!
・子どもをたくさん笑顔にできる保育士になりたい!
・子どもの気持ちを大切にできるように人として成長したい!
などなど、学生一人ひとりの"熱き想い"が伝わり、期待感溢れる内容となりました。



【高校】

■◆■千葉明徳高等学校 教諭(1学年主任) 中島 芳枝■◆■

 今年の桜は、開花の宣言からゆっくりと咲き、まさに新入生の入学を待っていたかのようでした。そして満開となった4月7日、入学式が挙行されました。
 新入生341名は、少し大きめの制服に身を包み、不安と希望に胸を膨らませながら、式に臨んだことでしょう。
 1人ひとりの呼名では、しっかりとした大きな「はい」の返事に安心したのは保護者の方々ばかりではありません。名前を間違えないよう緊張していた担任の先生方にとっても、大きな「はい」は呼名のリズムを生み出し、一人ひとりから、これからの彼らとの学校生活へのパワーを貰えた気がしました。
 また、そうした生徒達の元気な返事には、決意が込められているとも、私は思いました。
 生徒達の決意や期待に応えられるよう、私達教員は真摯に向き合いながら精一杯成長を後押しする。そしてその生徒の頑張りから、更に私達教員も頑張ることで、お互いが成長していくものと思っています。その結果、「明徳高校で良かった」と後に言って貰えるよう努力して、生徒達と共に歩む決意を改めてした入学式でした。
 最後に、入学式に際して理事長先生や校長先生をはじめ、多くの皆様にお力添えをいただき、無事に入学式を終えることが出来ましたことに心より感謝申し上げます。



【中学】

■◆■千葉明徳中学校 教諭 高岡 健太郎■◆■

 4月11日に入園式があり、90名の新しい子どもたち(年少児76名、年中児11名 年長児3名)を迎え、新年度がスタートしました。
 今回の餅つきに利用された餅米は、千葉明徳中学校総合学習「土と命の学習」において、上級生たちが前年度の1年間を掛けて千葉明徳中学校の田んぼで育てたものです。
 生徒の中には餅つき自体を経験したことが無い生徒もおり、初めは杵の持ち方も危うい者もいましたが、次第に慣れて、みんな楽しそうに餅つきを行っていました。学年のみんなで一緒についた、つきたての餅はとても美味しいようで、食べているときもみんな笑顔でした。
 入学したてで、まだ自己紹介もままならない状況であったため、参加前は多少不安がありましたが、この会を通じてクラスメイト同士話す機会もできて、親睦を深めるきっかけとなりました。
 次年度入学してくる後輩を、頼り甲斐のある先輩となって迎え入れられるよう期待を込めて成長を見守っていきたいと思います。ご協力いただいたみなさんには感謝いたします。ありがとうございました。



【幼稚園】

■◆■千葉明徳短期大学附属幼稚園 教諭 小川 純子■◆■

「先生、おはようございます。」「つかまり立ちが盛んになって、目が離せなくなりました。」

 入園式当日は、朝から雨が降っていました。朝礼の際に、副園長より「雨が降っていますが、子どもたち、保護者の方にとってはとても大切な日なので、雨が降って残念とは言わないで素敵な入園式にしましょう」という話があり、私たち職員も素敵な式になるようにと気持ちをひとつにして、新入児の子どもたち、保護者の方を迎えました。
 今年度も、年長児の歌に合わせて新入児が親子で入場し、式が始まりました。1か月前の3月の卒園式では、年長児を送り出してくれた年中児が、今度は年長児として新入児を迎える立場となり、歌う姿はとても頼もしくみえました。
 式には、たくさんの来賓の方にも来て頂き、みんなで「パンダ・うさぎ・コアラ」の手遊びを楽しんだり、年長児から「ともだちのはじまりさ」の歌のプレゼントがあったり、和やかな雰囲気の中、式を終えることができました。
 入園式の次の日からは、子どもたちにとって「たくさんの初めて」に出会う園生活が始まりました。ママと一緒にいたいと泣く子、朝は笑顔でも途中でママに会いたくなり涙する子、幼稚園が楽しくて笑顔いっぱいの子・・・と子どもによって気持ちの表し方は様々ですが、一人ひとりの気持ちを受けとめながら、安心して過ごしていけるようにかかわっていきたいと思っています。
 そして、これから明徳幼稚園の自然豊かな環境の中で視る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れるなどの五感を使っていろいろなことを感じてほしいですし、たくさんの初めてに出会う中で嬉しいこと、楽しいことを見つけ園生活を送ってほしいと思います。



【法人】

■◆■法人事務局 広報室■◆■

3月25日(土)に学校法人千葉明徳学園評議員会・理事会が開催されました。以下のとおり概要を報告します。

理事会
 理事7名出席、監事2名参加のもと、9時より本館1階理事応接室にて行われ、いずれの議案も承認されました。
 ■議事内容
  第1議案 理事・監事及び評議員の任期満了に伴う重任について
  第2議案 その他 

評議員会
 評議員32名出席、監事2名参加のもと、13時30分より学園本館会議室にて行われ、いずれの議案も承認されました。
 ■議事内容
  第1議案 理事・監事及び評議員の任期満了に伴う重任について
  第2議案 平成28年度第2次補正予算(案)について
  第3議案 平成29年度事業計画(案)について
  第4議案 平成29年度当初予算(案)について
  第5議案 長期借入金について
  第6議案 その他
 ■報告事項
  1.学生・生徒・園児の募集状況について
  2.その他
 ※評議員会終了後、評議員に向けて以下の講演が行われました。
 「課題研究論文発表」
   講演者:千葉明徳中学校3年生

理事会
 理事7名出席、監事2名参加のもと、15時45分より本館1階理事応接室にて行われ、いずれの議案も承認されました。
 ■議事内容
  第1議案 理事・監事及び評議員の任期満了に伴う重任について
  第2議案 平成28年度第2次補正予算(案)について
  第3議案 平成29年度事業計画(案)について
  第4議案 平成29年度当初予算(案)について
  第5議案 長期借入金について
  第6議案 千葉明徳中学校特待生規則(案)について
  第7議案 千葉明徳短期大学 研究活動の不正行為の防止及び対応に関する規程の制定について
  第8議案 千葉明徳短期大学 特待生規則(案)について
  第9議案 その他
 ■報告事項
  1.学生・生徒・園児数について
  2.学園敷地南西端隣接の土地(古墳)取得に関する交渉経過について
  3.平成29年度辞令交付式について
  4.常任理事会報告について
  5.その他




【法人】
学校法人 千葉明徳学園 法人事務局広報室
〒260-8685 千葉市中央区南生実町1412番地 TEL:043-265-1611 ストリートビュー