短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

算数1科目入試

2020年度入試より,21世紀型スキルを身につけた「行動する哲人」の育成をさらに具現化するため,問題解決力と突破力の素地をみる「算数1科目入試」を新設します。

導入の目的

 私たちが求めたい力とは,「問題解決力」「突破力」です。
 数学の真髄はあらゆる物事や関係性をシンプルな式や図で考えること。このような数学的な見方や検証力を身につければ,あらゆる問題に対して論理的に思考できるようになります。物事を検証・単純化して自分なりに着地させることができるか,それは算数に端的に表れます。そして,それは分野を問わず,すべてに通じる学びの基本であり,算数を通じて総合力を見たいと思っています。このような資質を持った受験生と出会いたいと算数1科目入試に踏み切ることにしました。
 本校の入学試験には,「試験中にも学びや発見がある問題をつくる」という合言葉があります。ぜひ,楽しみながら真剣に向き合える本校の入試にチャレンジしてください。
 

選抜方法

●日程...1月21日(火)15:20集合
●試験科目...算数(60分)+個人面接(約5分)
●問題構成...思考力型の4〜5題(適性検査型の問題も含む予定) ※大問ごとの趣旨は以下の通り

1⃣
四則計算および1行問題を出題します。四則計算は,工夫しながら早く正確に行う力をみる問題です。1行問題は,典型的な問題(数の性質,割合,場合の数,長さや角度・面積など)を単に解くだけではなく,「自分の言葉で説明しながら解くことができるか」をみる問題です。
 
2⃣ 3⃣
設問をしっかりと把握して,与えられた材料からじっくり考える姿勢があるかどうかを問う問題を出題します。身近なものを題材に,基本的な考え方を自分なりに組み立て,式の立て方や,考え方を,きちんと自分のことばで説明して,答えに導いていく筋道を見たいと考えています。
 
4⃣(5⃣)
適性検査型の問題を出題します。自分の身の回りのことに関心を持ち,その中に問題点を発見し,自分なりの解決策を考え,「文章を読み取る力」,「表やグラフを読み取る力」,さらにそれを周りの人に伝える「コミュニケーション能力」を備えているかをみる問題です。

算数1科目入試サンプル問題

 出題をイメージしやすくするために作成したサンプル問題です。以下の画像をクリックするとご覧いただけます。

解答は第4回学校説明会(12月15日開催)にて、お配りいたします。