短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

進学コース

勉強も部活動も幅広く取り組み、夢の実現に向かう。
進学コース
・HS(ハイレベル進学)クラス/・S(進学)クラス 進学目標に合わせたクラス編成

進路の希望や習熟度に合わせた「HS(ハイレベル進学)クラス」と「S(進学)クラス」の2クラス編成で無理なく学び、難関私立大学をめざしつつ部活動にも全力で取り組みます。

進路に沿って、さらに細やかにサポートする

2年次から「文系クラス」と「理系クラス」に分かれて、大学受験の準備をスタート。3年次からは演習系の選択授業もたっぷりと用意し、各科目の演習や実際の過去問題を徹底指導することで、一人ひとりの「合格力」を夢に合わせてカスタマイズします。

確かな学力を培いながら、「あれもこれも」を可能にする。

一人ひとりに合わせたきめ細やかな指導で、一般選抜に対応できる確かな基礎力を身に付けながら、幅広く活動することで、様々なタイプの入試にも対応する力を培います。
 

やりたいことには何でも挑戦!

学校行事、部活動、学外の活動、留学をはじめとしたグローバル活動など、高校生活で「やってみたい」と思うことがあったら、何でも挑戦できる贅沢な環境が整っています。

POINT 01習熟度別2クラス編成できめ細かな指導

「HS(ハイレベル進学)クラス」と「S(進学)クラス」の2クラス編成。試験後には二者面談を実施し、学習習慣の定着を図ります。

POINT 02つまずきを見逃さない朝学習と放課後補習

毎日の「朝学習」では小さなつまずきも見逃さず、「放課後補習」でしっかりとフォロー。安心して高度な学びに進むことができます。

POINT 03部活動にも全力投球「文武両道」の3年間

放課後に余裕のある時間割なので、部活動にも思いっきり打ち込めます。なかには強豪運動部のキャプテンを務める生徒もいます。

文武両道を盛り込むたっぷりと確保された充実の授業量

部活動との両立が可能な時間割ながら、肝心な教科学習も手は抜きません。豊富な授業時間を確保するとともに、3年次には私立大学に必要な受験教科の講座をふんだんに用意しています。

 

教員メッセージ

副校長 山下 秀人先生(保健体育科)
一般選抜で志望大学に合格できる学力を身に付けながら、様々なことに挑戦できるコースです。「勉強と部活動を両立するだけでなく、短期留学もしたい」「高校生になったら新しいことを始めてみたい」といった人には最適な環境が整っています。高校生活で培った多様性を活かし、総合型選抜で進学する生徒も少なくありません。「あれもこれも」を可能にする進学コースで、自分を高め、夢の実現を目指しましょう。

在校生メッセージ

勉強にも学校行事にも全力で取り組んでいます。
2年生 M.Aさん
授業では重要ポイントをくり返し教えてくれるので、基礎が固まり、応用問題にも対応できるようになりました。さらに朝学習で、自分の力を確認するとともに、毎日こつこつ勉強する姿勢も身につきました。iPadを活用し、自習の効率も上がっています。また、文化祭では実行委員を務めて、仲間と団結する喜びを味わいました。これからもメリハリをつけて、勉強にも学校行事にも全力で取り組み、充実した高校生活を送りたいと思います。

卒業生メッセージ

勉強と部活動に、バランスよく取り組みました。
Y.Oさん 東京理科大学 理学部
進学コースを選んだのは、他コースよりも余裕を持って、勉強と卓球部の活動を両立できると思ったからです。実際に3年間、どちらもバランスよく取り組み、無理なく目標を達成することができました。勉強では特に数学の力が伸びました。友だちに教えたり、刺激を受けたりしたこともいい経験になったと思います。進路については先生が個別に指導してくれたことが合格につながりました。大学ではさらに数学を究めて、将来は教師を目指します。
小さいことを積み重ね、目標を達成する力がつきました。
R.Yさん 千葉大学 国際教養学部 国際教養学科
3年間、部活動と勉強を両立しながらとても楽しく過ごしました。勉強では日々の朝テストで基礎力がついたのが大きかったです。小さいことを積み重ねていくうちに、いつの間にか目標を達成する力がついていました。高1の春休みにアメリカ留学プログラムに参加し、高2のマレーシア修学旅行では代表でスピーチをするなど幅広い国際体験もできました。ダンス部の引退が高3の9月だったので受験準備は早めに始めて、直前は毎日学校で勉強。先生方にもいっぱい支えていただきました。将来は国際社会での活躍をめざします。
朝学習で力を積み重ね、書道部の活動に打ち込みました。
M.Mさん 昭和女子大学 生活科学部 管理栄養学科
高校生活の中心は書道部の活動でした。文化祭で書道パフォーマンスを行い、部長としてみんなをまとめたり、人前で話す経験を通してリーダーシップや度胸もついたと思います。放課後は部活動に専念するため、勉強は朝学習をメインに、日々の積み重ねで力を培いました。部活動と両立して勉強にもしっかり取り組めたのは進学コースならではだと感じています。また先生には面接練習や出願書類などで全面的にサポートしていただき、そのおかげで志望校に合格できました。いつも悩みを聞いてくれた友だちもとても大きな存在でした。今後は食のスペシャリストをめざすとともに、海外研修で興味が深まった英語も学んで、自分の幅を広げていきたいです。
勉強と遊びの切り替えを意識することが大切。
K.Yさん 学習院大学 理学部 物理学科
小中学校では人間関係がうまく構築できませんでしたが、高1の終わりごろ、クラスの友だちに「数学や物理を教えてくれない?」と頼まれて一緒に勉強したことがきっかけとなり、一気に友だちの輪が広がりました。将棋部の活動やさまざまな行事でも友だちと過ごす時間は本当に楽しかったです。また、先生方は教科ごとに親身になって相談に乗ってくれたので、志望校が明確になり、自分に合う勉強法も見つけることができました。高校時代はやりたいことがたくさんあって時間が足りないと思うかもしれませんが、常に気持ちの切り替えを意識して、たくさん遊んでも授業にはしっかり集中することで、着実に力を伸ばすことができると感じています。