短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

プレゼンテーション教育

“プレゼンテーション空間”で磨き合う

大勢の人の前で説明することだけがプレゼンテーションではありません。必要なのは「他者に自分の考えを理解してもらおうとする姿勢」です。わかりやすく伝わる資料の作成や発表の仕方まで、段階を踏んで学習します。

”発表するだけ”ではない
千葉明徳のプレゼンテーション教育

千葉明徳では、英語や数学から保健体育に至るまで、多様な授業でプレゼンテーションの機会が設けられています。また、プレゼンテーション後の活発な質疑応答を促すなど、プレゼンテーションを受ける側の意識も育てます。異なる立場の意見を踏まえて自らの考えを再確認する。こうした“プレゼンテーション空間から得られる学び”こそ、千葉明徳が求めるプレゼンテーション教育の姿です。

プレゼンテーション大会

様々な企業から課されるテーマに挑むビジネスコンテスト。それが「キャリア甲子園」です。将来について自立的に考えることを促すキャリア教育の一環として行われるこのコンテストを通じて、生徒たちは「答えのない問い」に挑む力や、自らの考えを論理的に整理し、魅力的に伝えるプレゼンテーション力を鍛えます。

環境面も強力バックアップ

iPadの活用とプレゼンテーションに向け、全ての教室にプロジェクターとスクリーン、Wi-Fiの環境が整備されています。2020年夏にコンピュータ教室を全面リニューアルし、MacBookを導入しました。iPadとの相性も抜群です。一人1台のiPadとMacBookの活用で千葉明徳のプレゼンテーション教育は進化し続けています。