短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

進路指導

一般入試で勝つ学力

本校は全コースとも四年制大学への進学をめざしますが、それは推薦やAO入試だけではありません。「一般入試での現役合格」にこだわり、将来の役に立つ確かな学力を磨き上げていきます。

そんな指導の力は、近年の進路にも現れています。10年前と比較して国公立大学及び早慶上理・GMARCHへの合格者は倍増以上の躍進。日東駒専レベルにも100名以上を送り出しています。あなたの“夢”も、千葉明徳できっと叶えられます。

進路指導

POINT 01「遠い目標」を決め、「目の前の学び」に挑む

4月に全学年で「進路希望調査」を行い、将来の職業とそれに必要な進学ルートを確認。コースの別なく希望の進路に向けた指導を行うとともに、生徒が自ら目標に向かって挑めるように促します。

POINT 02一人1台のiPadで、21世紀型の進路指導が可能に

3学年すべてにiPad が揃う2019 年度以降は、従来の数倍の情報を届けられるようになります。様々な教材はもちろん、大学入試の最新情報、卒業生の合格体験記などあらゆるサポートを準備しています。

POINT 03AO・推薦対策も十分、eポートフォリオの活用

生徒一人ひとりの学習の記録や学校生活を可視化した「eポートフォリオ」システムで、来る大学入試改革にしっかり対応。難関校でも採用が増えるAO・推薦の対策を強化していきます。

学習指導

POINT 01学習習慣を育成し、努力が「当たり前」に

日々の「朝テスト」と「放課後補習」で、生徒自身の学習習慣を涵養。「朝テスト」「定期考査」「模試」という小さなハードルを跳んでいるうちに、大学入試という大きなハードルに挑む自信がついていきます。

POINT 02一般受験に必要な学力をしっかり身につけるカリキュラム

AO・推薦比率は高まるものの、あくまでつけるべきは一般受験を突破できる学力。一般受験向けのカリキュラムをベースに志望校の入試科目や配点を考慮した学力をつけていきます。

POINT 03進路を問わず求められる英語力をつける

どの進路に進んでも求められる英語力を、豊富な時間数とスタディサプリなどの先端ツールを組み合わせて育成。部活が忙しい生徒でも隙間時間を利用して「読む・書く・聴く・話す」の技能が身につきます。

教員メッセージ
入試情報にいち早く対応 柔軟なカリキュラム編成で生徒の夢を実現
進路・学習指導部長 渡邉 延行先生(地歴公民科)
入試制度改革によって個々の大学の入試がどう変わるかは、蓋を開けてみないとわからないところがあります。しかし確実に言えることは、これまで通り、一般入試での募集人数が最も多いということ。求められるのは大学入試を確実に突破し、卒業後も使える学力。そのために本校では、探求やアクティブ・ラーニングを軸に課題発見と解決力を高めつつ、ICTツールや先生方のきめ細やかなサポート、そして入試情報にいち早く対応できる柔軟なカリキュラム編成で、生徒一人ひとりの夢を実現できる学力を培います。

卒業生からのメッセージ

「素直、謙虚、ひたむき」に
学業も陸上も充実した3年間
K.Kさん (2019年特別進学コース卒業/四街道市立四街道中学校出身)
明治学院大学 経済学部 経営学科
陸上もしっかりやりたくて入学しました。文武両道は大変でしたが、頑張る人を学校中で応援してくれる雰囲気があり、頑張ることができました。先生がいつも話してくださった「素直、謙虚、ひたむき」の3原則を守れば未来は拓けます。明徳高校で磨いた英語力で、海外で活躍する経営者を目指します。
仲良く競い合える仲間と
先生方全員に支えられた。
C.Tさん (2019年進学コース卒業/千葉市立蘇我中学校出身)
青山学院大学 コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科
明徳高校はみんなが仲良く高め合う雰囲気があり、教科の先生だけでなく保健の先生も気にかけてくれ、学校全体で支えられた感じです。迷っていた進路も先生のアドバイスで視野が広がりました。3年間で英語にも自信がつき、受験は自信を持って臨めました。将来はツアープランナーを目指します。
スポーツ推薦から一般受験に
切磋琢磨できる環境のなかで成長
K.Tさん (2019年アスリート進学コース卒業/大網白里市立大網中学校出身)
立教大学 社会学部 現代文化学科
サッカーで推薦入学を目指していましたが、予習中心の勉強にして、授業に集中したら成績が伸び、一般受験で合格しました。両立は大変ですが、勉強は隙間時間を使うなど工夫ができ、頑張った分だけ確実に伸びる。将来は得意となった英語を使い国際的なスポーツビジネスに関わりたいです。